臭いが生じるのを防ぐ為には洗い方が大切

臭いが生じるのを防ぐ為には洗い方が大切

脇の下から生じる臭いの原因の1つとして、細菌類が挙げられます。
細菌類が悪い臭いを発生させるとの話は、とても有名でしょう。
それで脇下でも、細菌類が繁殖してしまうケースがある訳です。

細菌類が繁殖しにくい環境を整える

細菌類が増えてしまう理由も色々あるのですが、例えば清潔感などが挙げられます。
やはり脇下があまり清潔でない状況では、どうしても細菌類も増えやすくなってしまいます。
中でも注意を要するのが、コリネバクテリウムです。
脇下から悪い臭いが生じる時には、大抵はこの菌類が原因なのですね。
したがって悪い臭いを予防したいと考えるなら、清潔感が重要なポイントになるでしょう。
普段から丁寧に洗うことによって、細菌類が繁殖しやすい環境を整える必要があります。
それを徹底しておけば、基本的には臭いは抑えられる傾向があります。
ただし清潔にするにしても、いくつかポイントがあります。

あまり強く擦らないよう注意

脇をゴシゴシ洗わないように注意する女性
そもそもきちんと脇を洗っていないと、かいた汗の雑菌が残ってしまいます。
しかし、むやみにゴシゴシ強くこすってしまうと、また色々と問題が生じるからです。
そもそも人によっては、皮膚が少し乾きがちな事があるでしょう。
保湿能力があまり高くない方々も居る訳ですが、洗い方によっては能力がさらに低くなってしまう傾向があります。
なぜなら洗いすぎに伴って、皮膚表面に脂分が分泌されるからです。
それも一定レベル以下なら問題ありませんが、あまり多くそれが分泌されてしまえば、脇の下にて雑菌類が多く増殖してしまう傾向があります。
それで、臭いが強くなってしまうケースも目立つ訳です。
したがって普段からあまり強く擦らないようにするのは、予防方法の1つになるでしょう。

泡を表面で転がすイメージ

脇を優しく洗う為の泡
正しい洗い方を習得する事も、予防方法の1つになります。
タオルなどで強く擦るようなイメージですと、どうしても肌表面が乾燥しやすくなってしまいます。
そうではなく肌表面で泡を転がすイメージにしてあげる方が、乾燥しづらくなるでしょう。

すすぎなどは気をつけた方が良い

脇をすすぐ為のシャワー
そもそもすすぎが不足してしまうと、雑菌類が減少しやすくなってしまいます。
具体的には黄色ブドウ球菌が、販促しやすくなってしまう訳です。
またすすぎ不足では、肌表面がアルカリ性に傾きやすくなってしまい、臭いが強くなる傾向があります。
すすぎやすくする為のポイントですが、泡立てが大切です。
できるだけ泡を立てるようにして、ソフトに洗うよう心がけるべきでしょう。

洗浄剤

マイルドなタイプの洗浄剤
肌に対する刺激が強めな洗浄剤では、どうしても肌が乾燥しやすくなってしまいます。
できるだけマイルドなタイプを用いるべきでしょう。
結局は脇下で生じる臭いを防ぐ為には、普段からの洗浄剤が重要ポイントになる訳です。
なるべく肌が傷が付かないよう、気をつけた方が良いでしょう。

入浴時の注意

湯船に浸かる女性
できればシャワーではなく、湯船でたっぷりと汗を出しましょう。
汗が体内に溜まった状態だと成分が濃くなり、粘度が上がってしまい強い臭いの原因にもなってしまいます。
規則正しい汗出しは臭いの軽減にもなるのです。

脇の臭いを解消したい方必見!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*