脇の下の嫌な臭いはどうして出てくるの?

脇の下の嫌な臭いはどうして出てくるの?

脇の臭いは気になりますよね。
もうじき冬が来ますが、意外と寒い季節でも脇汗はかくもの。
着る服もぶ厚くなり、服の中は意外と暑いのです。
私の場合、そうなると脇汗をかき、脇の臭いも出てきてしまうのです。
なんとかならないものかと原因について調べてみました。

脇の臭いは細菌が関係している

脇の細菌のイメージ
脇が臭うのは汗が原因だと思っている人も多いでしょう。
でも、実は脇の臭いというのは、肌に住みついている細菌のせいなのです。
脇の下には2種類の汗腺があります。
1つはエクリン汗腺、もう1つはアポクリン腺です。
また脇下には皮脂腺もあります。
いわゆるわきがの臭いと言うのは、アポクリン腺から汗とエクリン線の汗、それに加えて皮脂腺から分泌される脂肪酸が合わさりあって、それが皮膚に住みついている菌により分解される事で、強烈な臭いを発散します。
脇の下は細菌が生きていく上では好条件なのです。
細菌のえさになるものが豊富なのです。
細菌は汗腺、皮脂腺からの分泌物を餌にして、活動し増殖をしています。
また常に湿度が高く蒸れやすい事と、細菌が生きていく上で適している温度である事も脇下が細菌の住み家になる原因です。
脇の下は普段は閉じられている状態である事の方が多いので、腕が蓋のような役割をしてしまい、汗が乾くタイミングが少ないのです。
さらに体温がこもりやすい場所であるために、じめじめして湿っています。
脇が臭うのは実は汗そのものでなくて、細菌が関係している事を知っておきましょう。

脇の臭い解消の鍵となる、人気の対策商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*